溶接

1年ぶり位に難易度の高い溶接に挑戦しました。(正確には、ロウ付け)
これは、「電動流量弁」と呼ばれる部品です。
身近なもので例えるなら307の電子スロットル弁(フライバイワイヤ)でしょうか。

f0091250_21364563.jpg
矢印赤はステップモーターで矢印緑内部のニードル弁を開閉させます(水道の蛇口のようなもの?)


ロウ付けは単に矢印青の二ヶ所を接続するだけの作業ですが
問題は矢印緑の内部でハンダ付け構造になっています。
200℃以上の温度を掛けれないのに矢印青を600℃以上に熱しないと
ロウ付け出来ないというこの矛盾ですがそこはテクニックでカバー。
水を浸した布を巻きつけ温度上昇を防ぐわけです。
しかしここで躊躇するとロウ付け不良になりますので思い切り熱すること
が肝心・・・わかってはいるんだけど(ーー;)

3時間の攻防の結果ようやく完了となりました。
[PR]

by regias4 | 2006-05-15 22:10 | その他 | Comments(0)  

<< 不具合対策 2 307cc 対策速報 2 >>