オイル漏れ (ガスエンジン編)

ガスエンジンの連載 第4弾 です。
この前はオイルエレメントのシールリング切れによるオイル漏れを紹介しましたが
今回は、もう少し奥深い ? 内容です。

f0091250_2111110.jpgf0091250_21155744.jpg

通常、オイルエレメントは、エンジンブロックにこんな感じで取り付けてあります。
で、これを専用のツールではずすとアルミ製の取り付け座面が現れます。
DIYで交換をやる人は、よく見ますよね。
ところが今回は、この座面よりも奥深くでオイルが漏れるんです。
そこでセンターの六角部をはずしてみることにしたのですが、ソケットが34mmですって
このサイズですと並みの力でははずれませんよ、ばか力が必要です(笑

f0091250_2134654.jpg

すると、アルミ製の座面がはずれ、今度はエンジンブロック本体の座面が現れました。

f0091250_222214.jpg

そうなんです、アルミ製の座面とエンジンブロックの間にOリングが入っています。
22年も経てばOリングも劣化しますし、そりゃ漏れるのも無理ないですわ。
というわけでOリング1本お買い上げでした。
[PR]

by regias4 | 2015-02-23 22:19 | GHP | Comments(7)  

Commented by kaorit at 2015-03-01 01:58 x
すみません。
質問なのですが、
Oリングって22年も持つのですか?

部品の話が奥深すぎておもしろいです~
Commented by regias4 at 2015-03-01 15:01
kaoritさん
Oリングの劣化は、組み付けた時から始まりますが
機能しなくなるかは相手部品にもよりますね。
308のヘッドのように相手の樹脂のへたれが原因だったり
加工精度で締め代が甘いとか表面粗度が荒いとか・・・
でも現に漏れていないものが多数派ですよ。
恐らく3σ管理時代(不良率3/1000)のエンジンなので遭遇率が
高いのでしょう^^
Commented by kaorit at 2015-03-01 23:07 x
うっ・・・ガスエンジンの連載第4弾って、わたしのもっとも苦手な領域=「偏差」のお話だったのですね。頭が(>_<)
Commented by regias4 at 2015-03-03 11:37
kaoritさん
たしかに大量生産品では欠かせない物作りの原点ですが
その前に仰る通り22年も使う事自体が問題ですね(笑
Commented by まーてぃ at 2015-04-01 00:24 x
これはYAMAHAのGHPかな?
自分はヤンマーを見てましたが、
20年経つとこうなりますよね
Commented by regias4 at 2015-04-01 09:14
まーてぃさん
そうです、Y社のGHP、でもエンジンはM社。
既に部品供給も終わり、数少ないパーツの争奪戦になっています。
しかし、エンジンもここまで使ってくれると本望ですね^^
Commented by まーてぃ at 2015-04-01 23:24 x
確かにYAMAHAのGHP部品ないからね〜

浜松とか磐田にYAMAHAのGHPかなりあるよね〜

<< アクアのBレンジ 渥美半島の菜の花 >>