田宮俊作展

プラモデルの㈱タミヤ 代表取締役社長である
田宮俊作展が浜松美術館で開催されていて
行ってきました。(内部は撮影禁止の為、画像はありません)
そしてしばしの時間ですが、ん十年前にタイムワープしてきました。

f0091250_214611.jpg
物心のついた子供の頃、多分にもれずプラモデル好きで
こずかいのほとんどを使っていたと思います。

ジャンルは特になく作ることが目的で飛行機、戦車、戦艦
何でも買った覚えがあります。(当時、車はありませんでした)


特に思い出すのは、モーター駆動の潜水艦で自動で潜水、浮上を繰り返すもので、実際に川で浮かべて遊んでいるうちに向こう岸に行ってしまい回収に苦労したことを覚えています。

そうこうしていると何か入り口付近が騒がしいことになってます。
どうやら入場者10000人目のセレモニーが行われていたようです。
そして社長(写真の左)ご本人から記念品が贈られました。(今回唯一の画像です)

又、会場には、田宮製品の販売も行われておりプジョーでもあればと
思ったのですが、残念でした。
ポルシェのモデルは、精巧な作りで¥48000でした。

「ろばのパン屋」世代のひとときの思い出でした(^^ゞ
[PR]

by regias4 | 2006-08-07 21:50 | その他 | Comments(7)  

Commented by kimi at 2006-08-07 21:58 x
>特に思い出すのは、モーター駆動の潜水艦で自動で潜水、浮上を繰り返す
確かパチンコ玉が、艦首-艦尾を行ったり来たりして浮上潜水を繰り返すタイプですか?
懐かしい・・・・・・・
♪ロバのパン屋はチンカラリン、チンカラリンとやって来る~
Commented by regias4 at 2006-08-07 22:29
kimiさん
残念でした、艦橋に水の抵抗で動くレーダーを模した板があって
船尾の昇降舵とつながっているタイプです。通常は、潜水舵で潜水すると
レーダーが後ろに移動し浮上舵になる、なかなかの優れものでしたよ。
その前は、ポンポン船でしたね。う~ん、なつかしい(^^)
Commented by kimi at 2006-08-07 22:43 x
ポンポン船、銅管を買ってきてガスコンロで曲げて作りました。
レジアスさんより、んッ才若いはずなんですけど、微妙にシンクロしています(笑
Commented by regias4 at 2006-08-07 23:10
kimiさん
えっ、当時で自作出来るってすごいですよ。
私は、まだ一ケタでしたし
そりゃ、kimiさんより若いっしょ!?
Commented by tane at 2006-08-08 22:53 x
田宮、なつかしいな〜。昔はほんと、よくプラモデルを作ってました。おかげで部屋がシンナー臭かった記憶があります。
僕らの時代はどっちかと言うと車とバイクです。でもファントムとトムキャットはよく作りました。
Commented at 2006-08-08 22:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by regias4 at 2006-08-08 23:18
taneさん
私の頃は、F104スターファイターでしたね。
リーマンになってからまた作り始めて1/12のロータスや1/6のハーレー、BMWなんかも時間かけましたよ。
やっぱり、懐かしいですね(^_^)

<< 先入観 浜松べんがら横丁 >>