簡易型エコキュート?

f0091250_20574385.jpg
これは内径約6mmの銅管をコイル状に巻いた簡易型熱交換器です。


エアコンのフロンガスをボンベに回収する際、ガス温度が非常に高くなり冷却をしないと危険な状態になります。ボンベ温度が70℃を超えると安全弁が溶けて全て放出する事になるからです。これは特に暑い夏に限られる事ですがバケツとぞうきんでボンベ温度が上昇しないよう濡らして冷やすという原始的なことをやってました。


何かいい方法がないものかと考えたのがこの銅管です。
ボンベの直前にこのコイルを取り付け、水に浸して、熱交換させます。
しばらくすると水からお湯になってきます。
これは、簡易湯沸かし器ですよ(^^ゞ

これでぞうきんでのボンベ冷却作業はやらなくてもよさそうです。
[PR]

by regias4 | 2007-08-24 21:31 | GHP | Comments(4)  

Commented by ごつ at 2007-08-25 02:04 x
OA機器のホコリを吹き飛ばしたりするのに使うガス缶が営業車の荷室で爆発したことがあります。夏場の直射日光をモロに浴びてかなりの高温になったようです。テールゲートのガラス粉砕でびっくりしました。
あれには安全弁が無いんですね~(^-^;
Commented by regias4 at 2007-08-25 20:55
>ごつさん
中身がガスだけで良かったですね。
塗料や溶剤の缶だとえらいことになりますからね。

安全弁を付けると作動した際の被害にクレームが出るのでは・・・
フロンガスの場合、無毒、無害(酸欠以外)なので危ない時は
いけないことですが、放出です。
Commented by あるて at 2007-08-26 17:52 x
ペットボトルは、もう必要ないのですね。
技術進歩が早いですね。
Commented by regias4 at 2007-08-26 21:58
>あるてしあさん
はい、某社での経験が役立ってます(^^ゞ

<< ペットボトルは2L 電波時計2 >>