電波時計の結末

結論から申し上げますと返品となりました。

f0091250_2225918.jpg
これが問題の時計
シチズンアテッサATD53-2804(今年のニューモデル)


お客様相談室といろいろな話をしました。
まず第一に重要な事はメーカーが調査依頼に送った時計を不良であると
認定した事です。
なまじ品質管理をかじった者としてはこの点は非常に重要なポイントです。
それはメーカーが不良品を出荷したという事実だからです。

すかさず送った時計の何がどの程度不良なのか?
どういう製造工程でどのような機能検査をやっているのか?
何故このような時計が出荷されたのか?

についての回答と送った時計の修理をお願いしたわけです。

ところがメーカー側は「受信感度が他のものに比べて良くなかったので
良好な物と交換した」という回答のみ、お客様相談室も私の要求は承知していて
これでは納得しないと思ったのか時計の修理に関して「修理は完了したが、
それよりも新品で受信感度のいい物を送りたい」と言ってきた。これはメーカー
としては「これでもう納得してよ!」と言わんばかりの破格の対応です。
しかしこの時点で私も既に気持ちが失せていました。

ですからきちんとした説明をもらえないなら「返品という選択肢もある」
と伝えたのです。それから5分も経たないうちに「OK」の回答がきましたね。
これはもうこれ以上付き合えないとの意思表示ですね。
きっとクレーマーと判定されたのでしょう、これでおしまいとなったわけです。
とりあえずふりだしに戻った状況です。

あくまでも私の推測ですが
製造工程の完成品を機能検査をしてるのではなく、部品レベルの組み合わせで
出荷保証しているのでないかと思います。
つまり、良品+良品=良品 という考え方です。
これは「最も受信感度のいいものを選別して新品を送る」といった対応から
推測できますね。
そういう意味で受信感度に関してはかなりばらつきがある(当たり外れがある)
と思われます。今後購入を検討している方は、その場で受信確認をしてから
購入することを勧めます。
※この点に関してご存知の方がおりましたらご教授いただければ幸いです。

で私は、2ヶ月間電波時計の試用が出来、楽天の10倍ポイントとクレジットのポイント
だけが残り何か得した?気分。
そして今回の問題が対策されるであろう次期モデル辺りにもう一度検討してみたい
と思います。
[PR]

by regias4 | 2007-08-30 22:23 | その他 | Comments(2)  

Commented by あるてしあ at 2007-09-02 20:13 x
シチズンって、その程度のメーカーだったのですね。
私だったら次は他社にいきますが、次期モデルを検討したいとは、さすがです。
Commented by regias4 at 2007-09-02 21:03
>あるてしあさん
2輪でも一時期はやったマフラーの黒メッキ
今、この時計でもチタンに黒メッキがはやりで・・・
デザイン的にはかなりお気に入りなんです。

<< 活躍中 はまってます >>