発停回数

GHPにおけるガスエンジンは自動車のそれとは全く違っている事については
以前にも紹介しました。それは、まず発停回数が多い事です。

f0091250_21291052.jpg
エアコンは部屋が設定温度になると冷気の供給を止めます。GHPの場合エンジンを停止することになります。そして部屋の温度が上がると再度エンジンを掛けて冷気を供給します。

そのサイクル時間は条件によって異なりますが短い場合10分位です。1時間に6回、10時間使用したら60回、これで夏冬6ヶ月使用すると約10,000回になります。


これではセルモーターが堪ったものではありませんね。
ですから出来るだけエンジンを止めないような使い方がガスエンジンにやさしい使い方といえるでしょう。実は我が家の場合リビングの入り口を開けたままで使っていて部屋の温度がなかなか下がらない(エンジンが止まらない)ようにしています。

しかしこのことはエネルギー消費の面から経済的とは言えません。
つまりGHPは生まれた時からこの相反する性格を持ち合わせている商品なのです。
[PR]

by regias4 | 2007-09-26 22:25 | GHP | Comments(0)  

<< ベルトの歯欠け さるすべり >>