子年

今年の干支つながりでネズミの話題をひとつ。

先日とある農家のガスエアコンの中を覗いてびっくりでした。
エンジンルーム内の防音スポンジが食い荒らされていたのです。
犯人は過去の経験からすぐにネズミと分かったのですがすでに逃走してました。

内部の被害状況を調べたら温度サーミスターのリード線が1系統断線。
そして下のプラグキャップがご覧の通りかじられてます。
新品と並べるとその量が更に右の画像では歯型までがよく見て取れます。
材質はゴムですからこんなもの食べて美味しい訳ありません。
ネズミにとっては、かじる事に意義があるんでしょうね。

f0091250_21404233.jpgf0091250_21405682.jpg


ここまでかじられたプラグキャップを見るのは初めてでした。
[PR]

by regias4 | 2008-01-08 22:13 | GHP | Comments(2)  

Commented by ごつ at 2008-01-08 23:53 x
私も仕事ではねずみに何度も痛い目に合わされています。
5Vラインが大好物みたいで、200Vラインは滅多にかじらないんですよね~(^-^;;
かじることで前歯が気持ち良くなるとか聞いたことがありますが、実際どうなんでしょうね。
Commented by regias4 at 2008-01-09 21:50
ごつさん
>5Vラインが大好物みたい
停止中でも制御電圧が掛かっているセンサー類の
被害がやはり多いようです。

昔の話ですが友人のブルーバードSSSの空調ダクトへ入り込んだ
ネズミがファンに巻き込まれ吹き出し口から・・・
なんてのもありました、しかも新車1ヶ月で。

安全面で指が入らないとかの基準はあるので設計に折り込みますが
ネズミに対する基準は聞いた事ないですね。

<< エンジンオイル補充 名詞 >>