噂のウォーターポンプ

一般的な水冷エンジンではウォーターポンプの駆動に
タイミングベルトを使用しています。

f0091250_2125429.jpg
車でベルトを交換する際ポンプも一緒に交換する話をよく聞きますがこれはどちらも関連した消耗品でありトラブルの回避と交換工賃の節約というのが最大の理由です。


実際GHPの場合のウォーターポンプを見るとポンプの軸を支えるケースの薄さが分かります。つまり軸受け部の長さが短くラジアル荷重に弱い構造なのです。

運転時間が長くなると特にこのベアリングにガタが生じてきます、その状態でベルトだけ
交換して規定張力でセッティングするとポンプのベアリングに無理な力が掛かり続け
異音とかクーラント漏れといったトラブルに発展するわけです。

従って同様な構造を持つ車についてもタイミングベルトの交換時はウォーターポンプも
併せて交換されるほうがよさそうです。
もちろん307ccもその予定ですが、そこまで乗るのかな?
[PR]

by regias4 | 2008-01-19 22:14 | GHP | Comments(2)  

Commented by reoreojp at 2008-01-20 20:19
乗りましょうよ!と言いながら私も分かりませんが(笑
Commented by regias4 at 2008-01-20 21:04
reoreojpさん
気持ちとしては乗り続けたいですが
心身、車のいずれかが逝ってしまうかも
特に心の部分は微妙ですね。

<< 渚園 今日の鍋 >>