カテゴリ:住設( 3 )

 

換気扇修理 その3

騒音を発する機器が減って静けさを取り戻しつつある我が家ですが今回は残りの一つ。
天井取付タイプのトイレ換気扇です。こちらも低価格なので交換することにしました。
ただ天井裏がどうなっているか分からないので簡単に出来るかどうか? 難易度高そう。

f0091250_10141081.jpg

最初の準備としてトイレのふたは閉めましょう、作業中にネジや工具が落ちたら厄介ですからね、それとブレーカーを切らないと危険ですよ。では脚立を立てて作業開始です。まずカバーを引き抜き、接続電線をはずしてテーピングします。次にダクト接続部の固定爪をはずして4本の取付けネジをはずせば本体が下ろせるようになります。続いて天井内部のダクトの切り離し、これはアルミテープを剥がすだけですが手探り状態になるので怪我しないよう注意が必要です。はい、これが取り外した換気扇です、20年の汚れがたっぷり付いていました。
f0091250_10535783.jpgf0091250_1054284.jpg
今回取り替える換気扇は三菱電機のVD-10ZC10、今までの互換品でカバー形状が少し変わったようです。取付は逆の手順でまずダクト接続部をダクトに差し込みアルミテープで固定します。奥側は見えず手探りになるので一度に巻こうとせず1/3位に分けて重ねるように貼るとやり易いですね。出来たら、奥へ押し込み本体の取付けです。
f0091250_1102534.jpgf0091250_1104966.jpg
本体は電線を引き込み口へ通してから天井口へ入れますがこの時ダクト接続部の合わせに注意が必要です。そうしたら本体が落ちないよう押さえながら4か所をネジ止めして固定します。
(これが意外と難しい、ネジを落とさないようにしないと)
あとは電線のテープを取り2本を差し込んで取付け完了です。きっと静かなのでここでスイッチを入れてファンが回っているか確認したほうが賢明です。最後にカバーのバネを差し込んで天井に密着させれば完成^^
f0091250_11142010.jpgf0091250_11145017.jpg
思ったより簡単に出来てしまいましたね。
これで一応我が家の騒音発生源はなくなりめでたしめでたしです。
[PR]

by regias4 | 2017-01-27 22:08 | 住設 | Comments(0)  

換気扇修理 その2

今回は、ちびっこに人気の水族館トイレの換気扇修理です。
キッチンと違い、このタイプは価格が安いので本体を交換する事にしました。

f0091250_2057376.jpg

ヤフーでポチッた三菱電機のV-08PS7が届いたのでサクッと交換します。
取り外しはカバーを外して左右のネジを2本取れば引き抜くだけなので簡単。
f0091250_217213.jpgf0091250_2185819.jpg

取り付けは本体を奥のパイプに合わせて差し込みこれもネジ2本で固定すればOK。
あとはカバーをはめてコンセントを挿して出来上がり。
f0091250_21152096.jpgf0091250_21155510.jpg

最後にスイッチを入れて試運転、うわっ回ってない?
って思うほど静かになりました。
[PR]

by regias4 | 2017-01-24 21:44 | 住設 | Comments(0)  

換気扇修理

我が家も20年を経過し多分に漏れずあちこちから音の出る機器が増えてきました。
中でもキッチン換気扇は数年前から音が出始めCRCで誤魔化しながら使ってきましたが、最近ではTVの音が聞けなくなるほどの騒々しさ !

f0091250_16165331.jpg
以前より買い換えとかも考えていましたが換気扇如きに諭吉さん10人も出せません。
ですから今回は、音の原因であるモーターを交換してもう20年がんばってもらう事にしました。
で、型番からモーターを割り出しネットで探したら1件ヒット。
しかし、これも諭吉さん2人ですわ(>_<)大体この手のモーターなんてどう考えても英世さん3人がいいとこでしょ、アフターパーツがないのをいい事にぼったくりですね。仕方ないし、それじゃあモーターそのものを修理する事に方針変更です。

f0091250_16192581.jpgf0091250_16194473.jpg
家のは、今では見ない古い形の換気扇でこれをばらしてまずはモーターを取り出します。
本体カバーをはずして、シロッコファンをはずします。すると奥の方にモーターが見えてくるので次にシロッコファンのケースをはずします。ここでケースの裏側にモーターが固定されているのが分かりますね。このネジをはずして目的のモーターが取れました。

f0091250_16233990.jpgf0091250_16235799.jpg
続いて、モーターの分解です。ケースは2本のビスで固定してある簡単な構造ですが先に回り止めのピンを抜く必要があります。ビスをはずしてケースを分割すると両端にベアリングの付いたローターが出てきました。さぁ、それでは音の原因であるベアリングを交換しましょう。ベアリングをはずすのに使うのがこのプーリー抜き、ちょうどGHPのクラッチ交換に使うものがありました。

f0091250_16253820.jpgf0091250_1626016.jpg
次に新しいベアリングを用意しなければなりません。これはリーマン時代に付き合いのあった商社へ出向いて現金で小売りしてもらいます。購入したのは6200ZZという型番で2個でなんとワンコインでした。今度はこれをハンマーで打ち込んで完成です。あとは分解の逆の手順で組み上げれば修理は完了。

f0091250_16274626.jpgf0091250_1628841.jpg
またその合間にカミさんも20年間の汚れ落としに参戦してもらいそこそこきれいに仕上がりましたし、なによりも静かなキッチンに戻ったのが良かったです。次はトイレの換気扇をなんとかしないといけません。

最初は諭吉さん10人から始まったこの話、2人になったけど最後はワンコイン。
先の見えない年金世代にとっては、余っている時間を有効に使う事がこれからを生きる道ですか。
[PR]

by regias4 | 2017-01-16 16:34 | 住設 | Comments(0)