ルーフのシミ対策

307CCのオープン時(ルーフを収納した時)に起きるやっかいな現象
トランク内張りとルーフの接触によるシミ対策をやってもらいました。

f0091250_17312914.jpg
方法は、簡単で内張りの押さえを追加しただけ。

これで内張りの下がりを防止できるのでルーフと接触せず塗装面にシミが付きません。


最初は、素人考えで両面テープで固定しようとしましたが、無理でした。
これならもう呪いの心配は、不要です(^^)
[PR]

by regias4 | 2006-12-15 17:46 | 307cc | Comments(4)  

Commented by みっちー at 2006-12-15 18:11 x
これはいいですね!
何で止めてるんです?トランク側の穴はどうやったのですか?
Commented by regias4 at 2006-12-16 10:12
>みっちーさん
やっぱりこれが恒久対策ですね。
内張りを固定している樹脂製のクリップと同じものです。
ですから見た目に違和感は、ありません。
トランク側の加工は、サービスに聞いてみないと
判りませんがドリルかパンチでしょう。
Commented by みっちー at 2006-12-17 17:19 x
写真を見れば見るほど、同じ場所。私のCCの2箇所を完璧に抑えてますね。ところで、両面はなぜだめでしたか?フェルトがくっつかないっすか?
いや、私も両面テープ留めを考えてましたから。
Commented by regias4 at 2006-12-17 21:17
>みっちーさん
両面テープですが、かなり厚めのモール用を使ってみました。
その時は、密着してますが翌日には、戻ってました。
やはり重力には、勝てなかったみたいです。
それとフェルトに油脂分が混ざってないですか?

<< めぼう おやつ >>